茨城県神栖市への転勤【岡山県倉敷市から異動】

2008年3月に移動になり、以来12年経ちました。2020年の今も住んでいます。家族構成は主人と私、子ども3人の5人家族です。 引越し前の倉敷市では戸建てを借りて住んでいたため、それなりに荷物も多く、こちらでも戸建てを探すことになりました。 始めに、赴任先の職場の方に不動産会社を探してもらいました。そして、いくつか良さそうな物件を主人が選択し、家族全員でインターネットにより画像を見まし

続きを読む

横浜に転勤!子育て情報最前線【保育園・幼稚園・お役立ちアプリ】

2020年現在、横浜市港北区綱島・日吉エリアに住んでいます。1年前の2019年11月に夫の転勤で横浜に引越すことになりました。 2019年横浜への転勤 当時1歳の娘がおり、妻の私自身も働いていたため大慌てで引越しの準備が始まりました。私の会社への報告(私の会社は横浜に支店がないため退職となりました。) ・保育園への報告(退園) ・住宅の退去依頼 ・転出届などの役所関係 ・児童手当な

続きを読む

首都圏へ異動【横浜への転勤でなくても住むのにおすすめ】

私が東京に転勤したのは2007年5月でした。それ以来、2020年11月現在も落ち着いています。横浜に転勤したのではありませんが住まいとしておすすめします! 転勤で住まいを横浜に!勤務地は東京 社会人になってから東京を振り出しに何度か転勤を経験してきたのですが、10数年ぶりに福岡からの転勤で東京に戻ってきました。 それ以来、横浜市青葉区に住んでいるのですが、この地を選んだのは、社会

続きを読む

世田谷区に転勤で引越し!幼稚園入園は今からでも間に合う?

2017年の春、千葉県八千代市から東京への転勤が決まりました。以降の2020年も東京在住です。 私の家族は主人と私、子どもがいます。営業職をしている主人はこれまでも何度か関東圏内を転々としていて、その都度家族で引越しをしてきました。 2017年は、3歳になる末っ子の幼稚園を決めなければならない年でした。 そのため、 ・引越し先の住居 ・上の子の小学校の転校手続き ・引越

続きを読む

八千代市へ転勤!江東区から子どもと義父母を連れての引越し

2015年の夏、東京都江東区から千葉県八千代市への転勤が決まりました。2017年春までの約1年半くらいまでの八千代市における引越し&子育て情報になります。 千葉県八千代市への転勤 私の家族は、主人と小学生の息子2人、生まれたばかりの三男の5人家族です。オフィス商材を扱う営業職をしている主人は、朝早くから夜遅くまで仕事をしています。営業マンを束ねるマネージャーとして働いているので、新しい営業所や

続きを読む

横浜市西区に引越し!さいたま市との違いに戸惑う

さいたま市と横浜市【違うから困る!乳児・幼児の子育て】 さいたま市は子供の予防接種に親切でした。予防接種可能年齢になると予診票が送られてきていたのですが横浜市は全くありません。 自分で予防接種スケジュールを忘れないようにしないといけないのです。 今住んでいるところは横浜市西区なのですが、公立の幼稚園が近くにありません。必然的に私立幼稚園に入ることになります。 この西区にある

続きを読む

水戸市【未就学児連れのおすすめ施設】子連れ転勤で行きたい遊び場

東京都世田谷区から茨城県水戸市に未就学児含む3人家族で引っ越しました。未就学児連れで水戸市のおすすめ施設をピックアップします。 わんぱーく・みと 〒310-0062 茨城県水戸市大町3丁目4-30 2階建ての大きな児童館。市の子育て支援センターなので無料で使えます。幼児が喜ぶボールプール、本気モードでままごとができる数台のキッチン、雨の日も遊び回れる室内滑り台はじめ、ジャングルジムが

続きを読む

東京港区への転勤【住まいは川崎市~家賃同じで都内より良い物件あり】

福岡以外住んだことがない新婚の私達が、初めての転勤で川崎市に引っ越した、2009年頃の情報です。それは、ある日突然訪れました。 「11月から東京着任になった。」 「東京!?そんな遠くに!?」 突然の辞令に 「地元から離れたら、周りに家族も友達もいないのかぁ。」 と不安な気持ちもありましたが、着任1ヶ月前の告知で時間がなかったのでしんみりしている暇もありませんでした。 東京港区へ

続きを読む

転勤で神奈川県川崎市へ住んで12年

2007年に転勤で神奈川県川崎市中原区に住み始めて2019年の今、12年が経ちます。上の娘が1歳の頃に引越してきたので、子育てはほとんど中原区でしています。最寄り駅は東急東横線武蔵小杉です。 今の武蔵小杉はJR横須賀線の駅も出来て、タワーマンションが立ち並ぶとても賑やかな街。でも私が引っ越してきた2007年頃はタワーマンションもなく、駅前もちょっと寂れたお店もあったりして、まだまだのどかな雰

続きを読む